学会発表


 □■ 学会発表演題 ■□

  2018年

Tachibana T, Ishizaki T,Takahashi S, et al.
Allogeneic cell transplantation in patients with untreated acute myeloid leukemia:KSGCT multicenter analysis. 80th JSH2018
立花 崇孝、石埼 卓馬、高橋 聡ほか.
未治療急性骨髄性白血病に対する同種造血細胞移植:KSGCT多施設共同研究. 第80回日本血液学会学術集会 2018年

Tachibana T, Kanda J, Ishizaki T, et al.
Prognostic index for patients with relapsed or refractory acute myeloid leukemia who underwent hematopoietic cell transplantation: a KSGCT multicenter analysis. 23th EHA2018

Ohwada C, Sakaida E, Igarasgi A, et al.
A multicenter observational study of chronic and late acute graft-versus-host disease (GVHD) defined by 2005 NIH criteria; a prospective validation of Japanese cohort. 44th EBMT 2018

Ohwada C, Sakaida E, Igarasgi A, et al.
A multicenter, prospective validation study of chronic and late acute GVHD by 2005 NIH criteria. 40thJSHCT2018

Tachibana T, Kanda J, Ishizaki T, et al.
The prognostic index of hematopoietic cell transplantation in patients with relapsed or refractory acute leukemia:KSGCT multicenter analysis. 40thJSHCT2018

2017年

Tanaka M, Kanamori H, Ohashi K, et al.
Clinical significance of post-transplant serum ferritin on the outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: a result of multicenter prospective study. 79th JSH2017

Tachibana T, Kanda J, Ishizaki T, et al.
Clinical significance of pre-conditioning intervention in patients with relapsed or refractory acute myeloid leukemia:KSGCT multicenter analysis 79th JSH2017
立花 崇孝、諫田 淳也、石埼 卓馬ほか.
急性骨髄性白血病非寛解期移植における移植前治療介入の意義:KSGCT多施設共同研究. 第79回日本血液学会学術集会 2017年

Tachibana T, Kanda J, Ishizaki T, et al.
Clinical significance of pre-conditioning intervention in patients with relapsed or refractory acute lymphoblastic leukemia:KSGCT multicenter analysis 79th JSH2017
立花 崇孝、諫田 淳也、石埼 卓馬ほか.
急性リンパ性白血病非寛解期移植における移植前治療介入の意義:KSGCT多施設共同研究. 第79回日本血液学会学術集会 2017年

Onizuka S, Aoyama Y, Mastuura Y, et al.
A multicenter clinical study that examines the safety of dasatinib for Philadelphia chromosome positive acute lymphoid leukemia in maintenance use at post allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. 39thJSHCT2017
鬼塚真仁、青山泰之、松浦康弘ほか.
同種造血幹細胞移植後のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対するダサチニブを用いた維持療法の安全性の検討;KSGCT多施設共同臨床試験(DASALL-1) 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017年

Tachibana T, Kanda J, Machida S, et al.
The safety and efficacy of deferasirox for the transplant patients with iron overload. 39thJSHCT2017
立花崇孝、諫田淳也、町田真一郎ほか.
同種移植後鉄過剰症に対するdeferasiroxの安全性と有効性:第T相臨床試験 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017年

2016年

Mori T, Ohashi K, Kanamori H, et al.
Comparison between busulfan with cyclophosphamide and busulfan with fludarabine as myeloablative conditioning of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for myeloid malignancies. 2016 BMT Tandem Meeting

Motohashi K, Fujisawa S, Doki N, et al.
Study of prognostic factors in chronic myelomonocytic leukemia who underwent allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. 38thJSHCT2016
本橋賢治、藤澤信、土岐典子ほか.
同種造血幹細胞移植を受けた慢性骨髄単球性白血病における予後予測因子の検討. 第38回日本造血細胞移植学会総会 2016年

Shimizu H, Saitoh T, Kako S et al.
Prevalence and risk factors for late CMV disease in allo-SCT recipients. 38thJSHCT2016
清水 啓明、斉藤 貴之、賀古 真一ほか.
晩期CMV感染症の発症頻度およびリスク因子に関する後方視的研究. 第38回日本造血細胞移植学会総会 2016年

Tachibana T, Kanda J, Machida S et al.
The safety and efficacy of deferasirox for the transplant patients with iron overload. 58th ASH2016

2015年

Shimizu H, Saitoh T, Okamoto S, et al.
Prognostic impact of cytogenetic abnormalities in adult patients with Philadelphia-chromosome (Ph)-negative acute lymphoblastic leukemia (ALL) who underwent allogeneic stem cell transplant (allo-SCT). 57th ASH2015

Motohashi K, Fujisawa S, Doki N, et al.
Do disease-specific prognostic factors predict survival after allogeneic stem cell transplantation (Allo-SCT) for chronic myelomonocytic leukemia (CMML)?. 20th APBMT2015

Shimizu H, Saitoh T, Sakura T, et al.
Prognostic impact of cytogenetic abnormalities in adults with Ph-negative ALL who underwent SCT. 77th JSH2015
清水啓明,齋藤貴之,佐倉徹,ほか.
成人Ph-negative ALLにおいて診断時染色体異常が移植成績に与える影響に関する検討. 第77回日本血液学会学術集会 2015年

Kanda Y, Kobayashi T, Mori T, et al.
Randomized comparison of cyclosporine at 500 ng/mL and tacrolimus at 15 ng/mL after unrelated SCT. 77th JSH2015
神田善伸,小林武,森毅彦,ほか.
非血縁者間骨髄移植における500 ng/mLのシクロスポリンと15 ng/mLのタクロリムスの無作為割付比較試験. 第77回日本血液学会学術集会 2015年

Onizuka S.
Preventing Ph+ALL Recurrence through TKI before and/or after Transplantation. 37th JSHCT2015
鬼塚真仁
フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の移植後再発を防ぐTKI治療. 第37回日本造血細胞移植学会総会 2015年

2014年

Motohashi K, Fujisawa S, Onizuka M, et al.
Effects of the order of administration of total body irradiation and cyclophosphamide on the outcome of allogeneic hematopoietic cell transplantation. 56th ASH2014

Kako S, Kanda Y, Kato J, et al.
The Effect of Treatment Strategy at the Decision of HSCT in MDS patients: KSGCT retrospective study. 76th JSH2014
賀古真一,神田善伸,加藤淳,ほか.
移植決断時の治療方針は骨髄異形成症候群患者の移植成績に影響を与えない:KSGCTにおける後方視的検討. 第76回日本血液学会学術集会 2014年

Tanaka M, Kanamori H, Ohashi K, et al.
Clinical significance of pretransplant serum ferritin on the outcome of allogeneic hametopoietic stem cell transplantation: a result of multicenter prospective study. 36th JSHCT2014
田中正嗣,金森平和,大橋一輝,ほか.
同種造血幹細胞移植における移植前血清フェリチン値の臨床的意義。多施設前方視的試験の結果. 第36回日本造血細胞移植学会総会 2014年

Motohashi K, Fujisawa S, Onizuka M, et al.
Effects of the order between total body irradiation and cyclophosphamide on the outcome of allogeneic hematopoietic cell transplantation. 36th JSHCT2014
本橋賢治,藤澤信,鬼塚真仁,ほか.
TBIとCYの順序の同種造血細胞移植成績への影響. 第36回日本造血細胞移植学会総会 2014年

Shimizu R, Takeuchi M, Toyosaki S, et al.
The effect of iron chelation therapy for pure red cell aplasia after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: A retrospective study of the Kanto Study Group for Cell Therapy. 36th JSHCT2014
清水亮,武内正博,豊崎誠子,ほか.
同種移植後PRCAに対する鉄キレート療法の有効性に関する後方視的解析. 第36回日本造血細胞移植学会総会 2014年

Kako S, Kanda Y, Kato J, et al.
The effect of treatment strategy at the decision of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in patients with myelodysplastic syndrome: A retrospective study of the Kanto Study Group for Cell Therapy. 36th JSHCT2014
賀古真一,神田善伸,加藤淳,ほか.
移植決断時の治療方針が骨髄異形成症候群の治療成績に与える影響に関する後方視的検討. 第36回日本造血細胞移植学会総会 2014年

2013年

Shimizu H, Saitoh T, Machida S, et al.
The outcomes of allogeneic stem cell transplantation in patients with mixed phenotype acute leukemia (MPAL) are comparable to those in AML and ALL: Results of matched-pair analysis. 55th ASH2013

2012年

Nakaya A, Mori T, Tanaka M, et al.
Does the hematopoietic cell transplantation specific comorbidity index (HCT-CI) predict transplant outcomes? : A prospective multicenter validation study of the Kanto Study Group for Cell Therapy (KSGCT). 54th ASH2012

Mori T, Tanaka M, Kobayashi T, et al.
Unrelated cord blood transplantation with myeloablative conditioning : KSGCT multi-institutional clinical trial. 34th JSHCT2012
森毅彦,田中正嗣,小林武,ほか.
骨髄破壊的前処置による非血縁者間臍帯血移植の有効性と安全性の検討:KSGCT多施設協同試験. 第34回日本造血細胞移植学会総会 2012年

2011年

Shimizu H, Saitoh T, Tanaka M, et al.
Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for adult AML patients with granulocytic sarcoma. 53th ASH2011

Yano S, Ono T, Mori T, et al.
Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for follicular lymphoma. 33th JSHCT2011
矢野真吾,小野友佳子,森毅彦,ほか.
濾胞性リンパ腫に対する同種造血幹細胞移植療法の治療成績―関東造血幹細胞移植共同研究グループ(KSGCT)における後方視的解析―. 第33回日本造血細胞移植学会総会 2011年

Shimizu H, Saitoh T, Tanaka M, et al.
Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Patients with Granulocytic Sarcoma. 33th JSHCT2011
清水啓明,斉藤貴之,田中正嗣,ほか.
髄外腫瘤に対する同種造血幹細胞移植の治療―関東造血幹細胞移植共同研究グループ(KSGCT)における後方視的検討―. 第33回日本造血細胞移植学会総会 2011年

Oshima K, Kanda Y, Nanya Y, et al.
Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Patients with Light Renal Failure. 33th JSHCT2011
大島久美,神田善伸,南谷泰仁,ほか.
軽度腎障害のある患者に対する同種造血幹細胞移植成績についての後方視的検討. 第33回日本造血細胞移植学会総会 2011年

Nakaseko C, Ohashi K, Onizuka M, et al.
Safety and efficacy of dasatinib for Ph+ leukemia after allogeneic stem cell transplantation. 33th JSHCT2011
中世古知昭,大橋一輝,鬼塚真仁,ほか.
フィラデルフィア染色体陽性白血病に対する同種造血幹細胞移植後のダサチニブ投与の有効性と安全性に関する後方視的解析. 第33回日本造血細胞移植学会総会 2011年

Oshima K, Kanda Y, Nanya Y, et al.
Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Patients with Light Renal Failure. ASBMT2011

2010年

Nakasone H, Kanda Y, Takasaki H, et al.
Prophylactic Administration of Tyrosine Kinase Inhibitor Following Stem Cell Transplantation Would Reduce the Frequency and the Severity of Chronic Graft Versus Host Disease in Philadelphia Positive Leukemia. 36th EBMT2010

Takeuchi M, Nakaseko C, Ohwada C, et al.
Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for primary and secondary myelofibrosis. 32th JSHCT2010
武内正博,中世古知昭,大和田千桂子,ほか.
骨髄線維症に対する同種造血幹細胞移植の治療成績 −関東造血幹細胞共同研究グループ(KSGCT)における後方視的解析−. 第32回日本造血細胞移植学会総会 2010年

Yamashita T, Tanaka M, Nanya Y, et al.
Clinical Outcomes of Second Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Acute Leukemia and Myelodysplastic Syndrome Relapsing after First Allogeneic Transplantation: Retrospective Study of the Kanto Study Group for Cell Therapy. 32th JSHCT2010
山下卓也,田中正嗣,南谷泰仁,ほか.
急性白血病及び骨髄異形成症候群の同種造血幹細胞移植後再発に対する再移植の臨床成績:関東造血幹細胞移植共同研究グループ(KSGCT)における後方視的解析. 第32回日本造血細胞移植学会総会 2010年

Nakasone H, Kanda Y, Takasaki H, et al.
Prophylactic Administration of Tyrosine Kinase Inhibitor Following Stem Cell Transplantation Would Reduce the Frequency and the Severity of Chronic Graft Versus Host Disease in Philadelphia Positive Leukemia. 32th JSHCT2010
仲宗根秀樹,神田善伸,高崎啓孝,ほか.
移植後tyrosine kinase inhibitor 使用による慢性GVHDの 頻度、重症度への影響. 第32回日本造血細胞移植学会総会 2010年

2009年

Takahashi S, Ishige M, Watanabe N, et al.
Prospective analysis for antigen-specific cellular immune reconstitution after cord blood transplantation: Immune response to CMV is not affected by HLA disparity. 35th EBMT2009

中世古知昭,小林武,秋山秀樹,ほか.
多発性骨髄腫(MM)に対する同種造血幹細胞移植の治療成績 ―関東造血幹細胞移植共同研究グループ(KSGCT)における後方視的解析―. 第31回日本造血細胞移植学会総会 2009年

仲宗根秀樹,神田善伸,上田智基,ほか.
多発性骨髄腫患者への自家末梢血幹細胞採取における採取効率および予後に与える影響の検討. 第31回日本造血細胞移植学会総会 2009年

2007年

坂巻壽.
関東造血幹細胞移植共同研究グループのこれまでと将来. 第69回日本血液学会学術集会 2007年

酒井リカ,岡本真一郎,吉羽史郎,ほか.
同種造血幹細胞移植後のair-leak syndrome:関東造血幹細胞移植共同研究グループ(KSGCT)における後方視的解析. 第29回日本造血細胞移植学会総会 2007年

高林真紀,吉場史朗,青墳信之,ほか.
同種造血幹細胞移植後の生着不全と再移植の検討−関東造血幹細胞移植共同研究グループ−. 第29回日本造血細胞移植学会総会 2007年

小田佳代,中世古知昭,小澤真一,ほか.
同種造血幹細胞移植後の慢性GVHDによる筋膜炎,筋炎の解析. 第29回日本造血細胞移植学会総会 2007年

2006年

Nakaseko C, Ozawa S, Nishimura M, et al.
Incidence, Risk Factors and Outcomes of Bronchiolitis Obliterans after Allogeneic Stem Cell Transplantation. 48th ASH2006

藤巻克通,中世古知昭,大島久美,ほか.
HBs抗体陽性患者における同種造血幹細胞移植後のHBウイルスのreactivation. 第28回日本造血細胞移植学会総会 2006年

横田朗,小野田昌弘,青墳信之,ほか.
同種造血幹細胞移植後の2次性悪性腫瘍-関東造血幹細胞移植共同研究グループ2499例における後方視的解析-. 第28回日本造血細胞移植学会総会 2006年

土岐典子,田中正嗣,工藤大輔,ほか.
同種造血幹細胞移植後の内蔵播種性VZV感染症の検討. 第28回日本造血細胞移植学会総会 2006年

大島久美,神田善伸,佐倉徹,ほか.
同種造血幹細胞移植後の白血病中枢神経再発に関する後方視的解析. 第28回日本造血細胞移植学会総会 2006年

中世古知昭,小澤真一,酒井美和,ほか.
同種造血幹細胞移植後の閉塞性細気管支炎:関東造血幹細胞移植グループにおける2,682例の臨床的解析. 第28回日本造血細胞移植学会総会 2006年

斎藤泰之,松島孝文,仁多美奈子,ほか.
同種造血幹細胞移植後の慢性GVHDによる心外膜炎. 第28回日本造血細胞移植学会総会 2006年

2004年

神田善伸,兵理絵,山下卓也,ほか.
HLA一致同胞間造血幹細胞移植におけるシクロスポリン(CsA)持続静注時の血中濃度と急性GVHD発症との関連. 第27回日本造血細胞移植学会総会 2004年

入澤寛之,森毅彦,大橋一輝,ほか.
急性白血病に対する非寛解期同種造血幹細胞移植. 第27回日本造血細胞移植学会総会 2004年

藤巻克通,森毅彦,木田愛子,ほか.
同種造血細胞移植後早期の中枢神経合併症. 第27回日本造血細胞移植学会総会 2004年

2002年

藤巻克通,藤沢信,青墳信之,ほか.
GVL効果の増強を目的とした免疫抑制剤の早期減量、中止の feasibility の検討. 第23回日本造血細胞移植学会総会 2002年

藤沢信,大橋一輝,佐倉徹,ほか.
Ph陽性急性白血病に対する同種造血幹細胞移植の成績. 第25回日本造血細胞移植学会総会 2002年

中島光,沖将行,岸賢治,ほか.
難治性血液疾患に対する骨髄非破壊性幹細胞移植-多施設共同二相臨床試験-. 第25回日本造血細胞移植学会総会 2002年

1998年

Ohashi K, Tanabe J, Watanabe R, et al.
The Japanese multicenter open randomized trial of ursodeoxycholic acid prophylaxis for hepatic veno-occlusive disease after stem cell transplantation. 30th ASH1998


 
Copyright © 2010 KSGCT, All Rights Reserved.