概要

関東造血幹細胞移植共同研究グループ 規約


第1章  総則
  第1条   本会は関東造血幹細胞移植共同研究グループ
  (英文名称Kanto Study Group for Cell Therapy、略称KSGCT)と
     称する。
  第2条   本グループ事務局は会長所属施設内または会長が指定した参加施設内
  に置く。
  住所:〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学血液内科
 

第2章  目的および事業
  第3条   本グループは造血幹細胞移植の集学的治療に関する共同研究および
  検討の場を提供すること、会員相互の知識の普及と向上を図ることを
  目的とする。
  第4条   本グループは前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.総会および共同研究検討会研究集会を行う。
2.その他、本グループの目的を達成するための事業。

第3章  会員
  第5条   本グループは以下に規定される施設および会員により構成される。
1.本グループは造血幹細胞移植に十分の経験と相当数の該当症例を
  有する、大学・センター病院にて構成される。
2.1)の条件には合致しないが、造血幹細胞移植に十分の経験を有する
  専門医が常勤し、幹事会が本グループの共同研究の遂行が可能であると
  認め、且つ本グループの主要構成施設と定期的な症例検討会を通じて、
  密接な交流関係が存在する場合は、構成施設として入会できる。
    3.参加施設の構成員は本会の会員とみなす。
    4.本グループの会員は参加施設の医師とするが、幹事会が本グループの
     運営に必要と認めた場合は、参加施設外の医師を会員とする事ができる。
    5.1)2)の規定に該当せず共同研究の遂行は難しいが、参加を希望する
  施設に関してはオブザーバーとしての参加を認める。
  第6条   参加施設は所定の会費を負担するものとする。
  第7条   既納の会費はいかなる理由があってもこれを返還しない。

第4章  役員
  第8条   本会は次の役員を置く。
1.会長     1名
2.副会長    2名
3.幹事     若干名
  第9条   会長、は各参加施設の選挙によってこれを定める。
  第10条   会長は本グループを代表し、会務を総括し、総会および幹事会において
  その議長となる。
  第11条   幹事は会員の中から幹事会の推挙によってこれを定める。

第5章  運営
  第12条   本グループは総会および幹事会をもってこれに当たる。
  第13条   会長は本グループを代表し、総会および幹事会を開催し、その議長を
  務める。また、年一回会計報告を行わなければならない。
  
会長に関する付録
  1.会長候補者は幹事会から推薦される。
  2.会長は参加施設の無記名投票により選出される。
  3.副会長は会長から任命される。
  (任期中会長が業務遂行できない場合は副会長が会長業務を代行する)
  4.各種委員会の責任者を任命する権限を持つ。
  5.グループの運営に関する最終決定権をもつ。
  6.任期は4年とする。再任は妨げない。
  第14条   幹事会は研究集会の当番幹事を選出する。
  第15条   本グループは研究集会を、当番幹事の主宰のもとに開催する。
  第16条   本グループの運営に関しての必要事項は幹事会の議を経るものとする。
1.幹事会は、総数の3分の2以上の出席にて成立する。
2.幹事会の議事は、出席した幹事の過半数をもって決し、可否同数の
     ときは議長の決するところによる。

第6章  会計
  第17条   本グループの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に
     終わる。
  第18条   本グループの経費は会費1施設1万円およびその他の収入をもって
     これに充当する。
  第19条   幹事以外の会員の中から会計監査2名を選出し、会計を監査する。

第7章  会則の変更
  第20条   本会則は幹事会の議を経て総会に報告し、出席した会員の3分の2以上
     の議決を得なければ変更することができない。

  付 則
本会則は平成10年4月1日より施行する。
一部改正 平成14年4月1日
一部改正 平成15年6月1日
一部改正 平成16年4月1日
一部改正 平成20年2月1日
一部改正 平成21年5月14日
一部改正 平成22年10月7日 

 
Copyright © 2010 KSGCT, All Rights Reserved.