概要


□■ 会長挨拶 ■□


KSGCT(関東造血幹細胞移植共同研究グループ:Kanto Study Group for Cell Therapy) は1995年に設立された多施設による造血幹細胞移植の臨床研究グループです。
 その発足以来、参加施設間の密な連携と移植医療に対するメンバーの熱意に支えられ、これまで移植患者さんの生存率だけでなく生活の質の向上に貢献する多くの知見を報告してきました。

2009年には念願のデーターセンターの整備によってパワーアップを図り、現在も積極的に次世代の造血幹細胞移植医療を目指して様々な活動を展開しています。
 参加施設の良好なチームワークがKSGCTの貴重な財産です。それがデータ収集の正確性と独自性と弾力性を持った質の高いデータベースの構築に大いに貢献していると考えます。

KSGCTは他の研究グループそして全日本の移植チームと競うのではなく、お互いにしっかりとスクラムを組んで、患者さんを中心とした移植医療の質とその成績向上そして次世代の移植医療を担う若手医師の育成にも力を入れていきたいと願っています。ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

Let’s work together for making a brighter future of our patients!
 
 関東造血幹細胞移植共同研究グループ会長:岡本 真一郎




 
Copyright © 2010 KSGCT, All Rights Reserved.